マウスピース矯正

目立たないマウスピース矯正

インビザラインはマウスピース型の矯正装置で、透明で薄いプラスチックでできているため、目立たず周囲の人に気付かれません。歯の表面につける一般的な矯正装置に比べて見た目が良いだけでなく、お口の中でも自然で不快感が少なく、食事や歯みがきの際には取り外しができるのが特徴です。

インビザライン矯正の特徴とメリット・デメリットをもっと詳しくご紹介します。目立たない矯正治療をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

  • メリット

    • 取り外しが可能な装置で、食事や歯磨きのときは矯正装置を取り外すことができます。
    • 透明のマウスピースなので、装着時でも目立たない。
    • 出っ歯や隙っ歯といった部分的な矯正にも対応しています。
    • 軽度の後戻り症例にも使用出来ます。
    • 舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減ります。
    • 通常の矯正治療の最後の仕上げに使用することもできます。
    • 通常のブラケット矯正治療よりも費用がかからずはじめられる。
  • デメリット

    • 指示された使用時間を守らなくてはならない。
    • 装置装着中は歯が当たらないため違和感を感じるときもある。
    • マウスピース矯正は適応できない症例もあるのでご相談ください。
ページトップへ